カードローン審査で気をつけておきたい幾つかのポイント   no comments

  • ●カードローンの便利さと審査までの流れ
  • 急にお金が必要になったり給料日まで少し厳しい時などに手軽にキャッシングできるカードローンは大変便利で、ショッピングするたびごとにポイントが溜まったりする商品や各種キャンペーン、キャッシング機能まで付いたカードと便利な1枚となります。
    ただカードローンの申し込みを希望した時に全ての方がカードローンを利用できることでなく審査という重要な項目をクリアしてカードローンの利用が可能となるわけです。
     

  • ●カードーローン作成までの流れ
  •  
     
    まずカードローンを組みたいと希望された方は申し込み用紙やWeb上の入力画面の項目を埋めることから始まります。住所、氏名、電話番号といった基本情報から勤務先の住所、勤続年数、家族構成、年収などの事細かい情報を入力する必要があります。
    初めてのカードローン作成で申し込みの項目の数に驚いたり、何でこんなことまで質問されるのだろうと疑問に思われる方も多いと思いますが各項目の一つ一つが後に受ける審査において重要な判断基準となりますので虚偽記載や空欄がないように記入することを心掛けて下さい。
    申し込み用紙への記入は終わりましたら、次に他の人になりすまして申し込みをしていないかを判断するために本人確認の作業があります。身分を証明できる運転免許証や保険証、住民票の写しなどから1点を提示し加えて、携帯電話の番号やメールアドレスの確認、自宅や勤務先に友人を装った業者から確認の電話が行き住所、勤務先の確認を行います。
    次にようやく審査に入りこの審査に通ってから契約という流れになりお金を借りることができるわけです。
     

  • ●カードローン審査での注意点
  •  
    民間の消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借りようと希望した時に審査は避けては通れない重要な工程の一つとなり特に注意しておきたい幾つかの条件があります。

    まずはきちんと仕事をしていて毎月の安定した収入があり返済能力がある事が条件の一つです。これにあてはまれば学生さんのアルバイトや主婦のパートでも条件は満たしていますのでカードローンを作成する事は可能となります。

    次にカードローン作成を希望する会社に申し込みをした時の他の金融機関や消費者金融からの借り入れが総額でいくらあり何社から借り入れがあるのかが大きな審査基準となります。申し込みをした会社以外の毎月の返済も当然あるわけですので、月収や年収、毎月の返済額と照らし合わせてウチでお金を貸す事は厳しいと判断されれば審査には通らないことも予想されます。

    また他社から複数の借り入れがある方は民間の情報信用機関で過去の取引状況を照合されますので毎月の返済に遅延があった場合でも審査には影響が出てきますし、未払いや踏み倒し、夜逃げといった事故が見つかった場合は審査に通る確立はほぼ0%に等しくカードローンを作成することは出来ません。

    前の段落で説明した申し込み用紙の記入内容とこれら幾つかのカードローン審査の注意点を総合的に評価した上でお金を貸してもOKと判断されれば審査合格、この条件ではウチでは厳しいと判断されれば審査不合格と明暗が分かれる結果となるわけです。ただ審査に通ったにも拘わらず条件次第では本人が希望する額の融資を受けられないケースも出てきますので覚えておく事が必要です。

    審査に対して不安をお持ちの方でしたらWeb上の公式サイトで数項目の入力で大まかな判定が数秒で分かる事前診断もありますので申し込みをする前に一度そちらで診断されてみることをお勧めします。

    初めてのカードローンを作成する方でしたら審査基準はほとんどクリアしていますので審査には通り即日で融資も受けられますのでカードローンを有効に使って頂きたいです。

    カードローンの審査の情報サイト

    Written by dorakue on 8月 6th, 2015

    Leave a Reply